skip to Main Content

全国の高校・大学、団体での研修講師や、牧師として各教会での礼拝説教、
LGBTの結婚式の司式、相談者のカウンセリングなど幅広く活動を行なっています。
また「宗教とLGBTネットワーク」代表としても、
多様性を実現する世界に向けて、様々なご協力をさせていただいております。

普段の私たちは、自分のことばかりに思いを馳せていると言えないでしょうか。
自分の生活、自分の仕事、自分の収入などなど、
もう「自分」のことで一杯いっぱいになっています。
せめてなんとかこの「一杯いっぱい」を
「いっぱい」くらいに減らすことはできないでしょうか。

中村 吉基

祈りましょう。
祈りに上手いも下手もありません。
自分の言葉で心から毎日何回でも祈りましょう。
私はよく何かをしている時に祈ります。
誰かの顔を思い出した時にも、その人のために祈ります。
近所の橋の上を歩いているときにも、
電車のなかで、自転車に乗っているときにも祈ります。

中村 吉基

人間はさまざまなものにしがみついて生きています。
またさまざまなしがらみもあります。
そして目に見えない「過去」を背負って生きています。
それは簡単に捨てられないでしょう。
でも捨ててみないと判らないこともあります。
身が軽くなったそのとき、はじめて本当のことが判ります。

中村 吉基

宿命だと決め付けて、諦めていないでしょうか。
「何やっても状況は変わるわけがない」
「こんなことを努力しても無理だ」
「どうせ自分は馬鹿な人間だ」
という自問自答をしていないでしょうか。
人間には受け容れなければならないこともあります。
しかし、諦めてはいけないこともあるはずです。

中村 吉基

遠くに行かなくてもいいのです。
助けを必要とする人は私たちのすぐ近くにいます。
普段それが私たちには気付かないとか、見えなくなっているだけなのです。

中村 吉基

Facebook

Twitter

Back To Top
×Close search
Search