skip to Main Content

このロゴのコンセプトは、
「私たちのしていることは、大海のたった一滴の水にすぎないかもしれません。しかし、その一滴の水が集まって大海になるのです」(マザー・テレサ 1910−1997)
をモチーフにデザインされました。

現在、日本国内において、LGBTをはじめとする性的マイノリティへの関心が高まっています。
宗教界もまたどのようにLGBTに寄り添おうかと宗派、教団、または個人で模索する動きがあります。かたや教会や寺院のなかで、孤立しているLGBTの信徒・門徒、教職の人びとが存在することも事実です。

「宗教とLGBTネットワーク」ではそのような両者の「橋渡し」「受け皿」となることを願って活動してまいります。どのような小さな情報でもお寄せください。
またLGBTに対する取り組みなどにもご協力させていただきます。ぜひ、信仰、信条、思想を超えて手を取り合って、多様性を認め合い、共生する素晴らしい世界の実現のために共に前進しましょう。

Facebookにもページがあります。

2018年4月1日 中村吉基

宗教とLGBTネットワークに賛同します(2019年4月1日 50音順、敬称略)
石田一裕(浄土宗総合研究所、久保山光明寺副住職)
工藤量導(浄土宗総合研究所、本覚寺副住職)
柴谷宗叔(性善寺(浄峰寺)住職、高野山真言宗大僧都)
中平了悟(浄土真宗本願寺派清光山西正寺衆徒)
早川義亮(真宗大谷派圓林寺住職)
若狭一廣(天理教船東分教会会長、天理教LGBT会)

インタビュー・活動

オカムラ「WAVE+」 インタビュー

オカムラ「WAVE+」 インタビュー

牧師 ゲイの牧師として性的マイノリティに寄り添う[前編]

東洋経済オンライン インタビュー

東洋経済オンライン インタビュー

性的マイノリティと共に生きる、新宿の牧師

パートナーシップウエディング for LGBT

パートナーシップウエディング for LGBT

パートナーシップ・ウエディングの司式者として

Spotlight (スポットライト) インタビュー

Spotlight (スポットライト) インタビュー

キリスト教なのにゲイってOKなの? ゲイの牧師さんに聞いてみた

同性婚人権救済弁護団公式サイト

同性婚人権救済弁護団公式サイト

日本における同性婚の実現に向けて

朝日新聞

朝日新聞

「壁」なき社会へ 同性愛者の牧師、寓話を絵本に 様々な分断に思いをはせて

共同通信社(岐阜新聞社など全国に配信)

共同通信社(岐阜新聞社など全国に配信)

すべてのカップルに祝福を LGBT婚に寄り添う牧師

「ル・パリジャン」(フランス)

「ル・パリジャン」(フランス)

LGBT 日出る国で育つ虹

Back To Top
×Close search
Search